Campana -Diario-

趣味全開な日常など…。

入院生活 1~4日目

2016.01.27 (Wed)

そんなこんなで、期せず始まった入院生活。

入院したのは12月31日 夜9時過ぎ。
消灯時間を過ぎていたので、ダウンライトの中、入院に必要な書類を書く。
その日対応してくれたのは、夜勤だった男性の看護師さん。

間違いなく私より年下なのに、しっかりしてて気遣いも愛想もバッチリ。
そして、誰が点滴中で、その交換は何時で、誰がお手洗いの付き添いが必要で…といった患者一人一人の見守りもきちっとしてました。

余談ですが、まぁ、職業柄そうなのかと思ってましたが、いろいろな意味で、退院するまで対応してくれた看護師さんの中で、1・2を争う良い看護師さんでした。

書類を提出して、その日は痛くて紅白どころかTVも一切付けず、そのまま就寝。
点滴付けたまま寝たことなんてなかったので、引っ掛けたりしたらどうしよう…とか心配でしたが、そのまま寝たみたいです。

1月1日の朝5時。

「桜華さーん、新年早々申し訳ないんですが、採血しますね~」

寝る前に対応してくれた看護師さんに起こされて起床。
日の出はまだですが、新年をまったくおめでたくない感じで迎えました。

「起床時間まだなので、採血終わったら寝てて良いですからね」

と言われましたが、痛くて身動き取れず、食事は各自のベッドでだったけど、絶食だと宣言されているので、当然食事も摂れず。
動くと言えば、点滴してるのでお手洗いに行くのみで、あとは動くと痛いのでやることがなくただ寝てるだけ。

今まで仕事の入れ替わりでインターバル期間があったこともありましたが、動けていたのでそれなりにいろいろやってました。

が。
日がな1日、寝てるだけというのは記憶になく…ホントに暇でした。

食べることにもともとあまり執着がなくて、3食どれか抜けてもまぁいいか…って感じでしたが、それが4日も絶食が続くと流石に…。

先生「桜華さん、まだ痛いです?」
桜華「腹圧かかったりすると痛いですけど、それよりもお腹空いたです」
先生「うーん…じゃあ、明日の朝に血液検査してみて、炎症反応が下がってたら、お昼から重湯と流動食にしてみましょうか」

という条件付き。

とりあえず、次の日の検査結果次第ということでしたが、病気になって食事制限が付くと、これほどツラいのかというのが、イヤというほど分かりました…。

痛みは、入院当初ほどではなくなってきましたが、まだあります。

炎症反応がどうとかは体感的にはわかりませんが、まぁ、ベッドに戻る時に人の手を借りなくて済まなくなっただけ、良くなって来てる…はず、という、手探り状態です。
スポンサーサイト

それはある日、突然に。

2016.01.26 (Tue)

前の更新からだいぶん経ちますが、何とか生きてます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

どうもこれだけ時間が経っても、新年明けてるという感じがしません。
年末年始、病院で迎えたからだというのが一番の原因かも。


遡ること、去年12月29日。
何だか、お腹が痛い…気がする。
その時はたいしたことなかったので、時間が経てば治ると思ってました。

で、次の日。
右側の下腹部が激しく痛い…。
でもその日は大体の病院はお休みで、当番病院にも近めにある内科はなし。
ついでにその日は、家族が緊急搬送されたりと明け方までバタバタだったので、とてもそれどころではなく…。

気がついたら、12月31日。

朝になって、昨日の一件が落ち着き、当番病院もわりと近くであったので、改めて行くことに。

その時点で、歩くと響くように痛み、お腹が突っ張ってる感じがして右足が上がらず、ベッドに寝れないという状態でした。

年末だし、場所的に盲腸かもしれないけど、薬もらって帰るだけだろうと思ってたら、

「救急病院に紹介状書くから、すぐ行きなさい」

……何ですと?

そこの診断では、やっぱり盲腸の疑いアリ、とのことだったんですが、どうやら慢性と急性があって、急性は薬で散らすことはできないんだそうで。

で、行った先の救急病院。
点滴受けたり、血液検査と造影剤を使ってのCT検査。

待つこと暫し。

造影剤使ったので、水分いっぱい摂ってね的な注意書読みながらの点滴真っ最中に言われたのが、

先生「結果を言うと、盲腸ではありません」
私「あれ、違うんですか?」
先生「はい、違います。違うんですが、良くもないです。むしろもっと悪いです、多分」
私「?」
先生「桜華さん、今すぐ入院して治療受けるか、これから帰って5日間絶食してから入院するか、選んでください
私「はい!?」

何その選択肢!

先生「上方結腸憩室炎(←という病名は2日後に理解した)なので、まぁ、入院しても帰っても絶食することに変わりはないんですけどね(ニッコリ)」

いや、爽やかな笑顔するとこじゃないから!
それに何、その聞き慣れない病名!

上方結腸憩室炎。
つまり、大腸に「憩室」という、内側にえくぼみたいなのができるんですが、ある人とない人がいて、更に、あってもまったく支障なく過ごす人も多いんだそうです。
その憩室に、食べ物のカスが溜まり、それが腐って炎症が起きて、今回みたいな腹痛になるんだそうです。
外側から見ると、ポコッと袋状になってるらしいのですが、ひどくなるとそれが破けてしまい、腹膜炎を起こしてしまうんだとか。
手術をすると、腸閉塞を起こしやすくなるという弊害があるので、24時間の点滴+抗生物質点滴、が、治療方法のようです。

私「入院って…どれくらいです?」
先生「(私の膝に軽く手を添えながら)最低1週間です」

つまり、帰って云々というのは、新年明けて通常営業になってから、というだけで、その間何も治療しないから、ただ痛いのが続くだけで…ってことなのかと、その時やっと理解しました。

結局、即入院することに。

ところで絶食…は良いけど。
私「水もダメですか?」
先生「薬水(薬を飲むための水)以外はダメです」
私「あの、造影剤使ったので…」
先生「これから24時間点滴の生活なので、水分は心配ないですから

そんなもんですか…。

12月、実は10日~25日まで家族が別の病院ですが入院していて、でも退院出来たので、お正月はみんなで過ごせるねー、と言ってた矢先に、まさかの入院…。

一度帰って、準備してからまた病院へ。

憩室炎の治療、スタートです。

ご無沙汰しております。

2015.08.06 (Thu)

ネタはいろいろあったものの、比例していろいろとゴタゴタが続いたため、全く更新できませんでした……。
かろうじて、生きてます。
実は、ただいま会社都合でもともと1週間だった夏休みが、急きょ2週間になったので、8月は一度も会社に行ってません。
16日連続の夏休み……。良いのか悪いのか。
そんな職場も、今月末で契約満了なので、次はまた就職活動が待っています。
派遣なので何も文句は言えませんが、いい加減落ち着きたいものです。

あまり真夏の気温には慣れていない北海道民。
35℃近く……というのは、東京にいた頃にはそんな数字も見慣れていましたが、ここでもそんな数字を見ることになるとは思いませんでした。
最近は北海道も暑くなってきたし湿度も年々高くなってきたので、職場はともかくエアコンをつける家庭も増えてきたようですが、我が家にはそんな文明の利器はありません。
昔ながらの扇風機、もしくは、古典式手動扇風機(=うちわとか扇子とか)しかないです。
昨日は観測史上初の暑さだったようで、本当に家にいながら熱中症になるかと思いました…。

そんな暑さでも、夕方くらいになると、家にいるより外にいた方が涼しいという不思議。
多分、身体が暑いのに慣れるせいでしょうね。
実際に、職場はクーラーが効いているという父が帰ってきたら、「暑い、暑い」を連発してましたが、昼間の暑さに比べたら風もあるし本当に涼しかったので、体感は真逆でした。

さて。
最近、暑さとストレスのせいか、夜中に目が覚めてしばらく寝付けない……ということが増えてきたのですが、自分は寝ていないと思っても気がついたら寝ていることもあって、
「寝れなかった」
「いや、グーグー気持ちよさそうに寝てた」
と言われることもあって、実際自分の睡眠の質ってどうなんだろう?と思うことがありまして。
睡眠不足+ストレスで、うつ病になるというのも聞いたのですが、どうも最近、年齢のせいだけじゃない気がする、という仕事中の支障がいろいろとあり、ちょっと心配になったので、活動量計を買ってみました。

fitbit flex というものです。
今までamazonさんのリンクが貼れたのですが、潜ってる間にいつの間にかgoogleさんの検索リンクしかできなくて…。(画像に撮れよ、ということですね)

ものすごく簡単に言うと、万歩計+睡眠計をアプリでいつも同期できて便利だよ、というものです。
ただ、お店ではandroidのバージョンとBluetoothのバージョンが対応しているよと言っていたので購入しましたが、実際私の持っているスマホはそんな最新式ではないのにアプリは日々進化していくので、アプリの旧バージョンを入手できなければPCでしか同期できませんよー…というレベルのお話でしたが。
だってヨ○バ○カ○ラでは、そんなこと言ってなかったもん……。

基本的に24時間つけていられるらしく、会社でこれをつけていいのかは謎なのですが(旧体制の女性ばかりの会社なので)、付け心地は悪くないですし、とても軽いので付けていることを忘れるくらいです。
「プールでも大丈夫!」というのがウリらしく、さすがに温泉とかでは無理でしょうが、洗顔やシャワーくらいのレベルであれば外さなくても良いようです。

少しずつ、相棒として生活状況を数値化してもらおうと思います。


先日…

2015.04.12 (Sun)

桜前線がだんだん北上してきました。
こちらは雪融けが例年より早かったので、もしかしたら…とちょっと期待してましたが、このところの寒の戻りもあって、桜が咲くのはいつも通りGW近くのようです。
…と思ったら、日当たりの良い場所はだいぶんつぼみが膨らんでいました。
標準木が開花する前に、咲き始めるかもしれませんね。

さて。
3週間前のことですが、転びました。
しかも、JRのホームに向かうエスカレーター(上り)で。
いつもはエスカレーターを歩いて上ったりはしないのですが(多分、コミケでの『エスカレーターは歩かない』の習慣です)、この日はちょっと急いでいて、乗りたいJRがあと3分で発車…ということで、歩きました。
でも多分、自分が思っているより足が上がってなかったんでしょうね。

つまづいて、両膝をエスカレーターの角にそれぞれ強打。

痛かったです…。
でも自分が悪いし、後ろには同じように上ってる人がいるし、もうすぐ降り口だし…。
とりあえず、何事もなかったように立ち上がってエスカレーターを降りましたが、衝撃が思いの外強かったのか気持ち悪くなってしまって、ひとまず邪魔にならない場所に待避&ちょっと休憩。
少し休んだら大丈夫になりましたが、膝は痛いし、結局乗りたかったJRには乗れず、帰ってからは「いい大人が転ぶなんてみっともない」と家族から言いたい放題言われ…。

散々でした。

急がば回れ。
身をもって体験しました…。

そんな散々なこともありましたが、9日、○○歳の誕生日でした。

Twitterで「おめでとう」とお祝いして頂き、家族からは一応ケーキを。



大好きな、レアチーズケーキ。
ちょっとだけ、嬉しいこともありました。

『ねこあつめ』始めて1週間

2015.03.14 (Sat)

3月に入って、やたらと雪が降ります。
先月は雪が少なかったので良かったのですが…。
卒業式と入学式が終わるまでは、やっぱり降るみたいですね。

さて、すっかりハマってる『ねこあつめ』。
最近のアプリやゲームは、オンラインで誰かと繋がる・協力するとかが多いなか、自分のペースで出来るのが自分に合ってるのかもしれません。
始めて1週間。
課金しないと決めているので、地道に金のにぼしを180個集めて、部屋を拡張できました。

私の場合は、普通のにぼしで、T字形トンネル、もっちりボール、羽根じゃらし、果物かご…あとは50にぼしくらいで買える紙袋とかのオモチャを数個買って、エサはずっと高級カリカリを買い足しながら置いていました。

無料の普通のカリカリだとにぼし減らないから良いんですが、集まりが悪くて。
でも高級カリカリ、30にぼしが必要…ですが、実は3回分。
なので、コスパ的にはちょうど良かったです。

平日は会社で、そこでは勤務中スマホ厳禁なので、朝起きてすぐ、コッソリお昼休み、勤務終了後、寝る前…の4回で、エサをチェック&補充。

普通のカリカリではないと、たまに、



…というハプニングはありますが。

でもこの『まんぞくさん』、ごっそりにぼしを置いて帰ってくれるので(帰る前にエサを補充すると一桁しかにぼしをくれないらしいです…)、エサや金のにぼしに替える分にはあまり困りませんでした。

それと、毎日1回の『あいことば』でにぼしを貰うのを忘れずに。

そしてにぼしが貯まる→金のにぼしに替える、たまに金のにぼしを置いてくれるのをひたすら貯めるのを地道に繰り返してちょうど1週間。

こうなりました。



部屋を拡張できました。
因みに見えてるオモチャは、その間に買ったオモチャのすべてです。
いきなり置ける場所が増えて、でも買い足すにぼしがなくて、こんな寂しい状態ですが…。

因みに、上のは昨日の様子ですが、朝起きたら、



雪降った…!
Twitterのフォロワーさん数人も同じこと言ってたので、私だけじゃないらしいです。

1週間で拡張する、という目標が最初からあったわけではないのですが、たまたま出来たので書いてみました。
なので、仮に同じようにやってみて、置いてくれるにぼしの量や種類等で条件は変わるので、『1週間じゃ出来なかった!』…と言われると非常に困るので、あくまでも参考程度にして下さい。

ずっと買い物を控えていたので、にぼしを貯めて、まだ会えていないねこさんに会えるのを楽しみたいと思います。

 | HOME |  »

Twitter

 

Category

Monthly Archive

01  08  04  03  02  01  07  06  03  01  11  09  08  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  01 

Counter

About Books

読書メーター

最近読んだ本

search

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

QRcode

QR

全記事表示リンク